전체기사보기
政治その他 ㅣ 芸能 ㅣ 文化 ㅣ Sports ㅣ グラビア ㅣ コラム ㅣ コラム2 ㅣ 映画 ㅣ インタビュー
섹션이미지
政治その他
芸能
文化
Sports
グラビア
コラム
コラム2
映画
インタビュー
회사소개
회원약관
개인정보취급방침
광고/제휴 안내
사업제휴 안내
소액투자
기사제보
HOME > 日本語版 > コラム2
글자 크게 글자 작게


大学生の性知識はどのくらい?
 
渋井哲也

 「コンドームをしていても、相手が妊娠したんです」 

 「いやいや、コンドームをしていても妊娠した、って人がいたんですよ。なんですかね?」 

 私は今年も、東洋大学の文化祭で、大学生や高校生を中心に、妊娠や避妊、性感染症についての啓発活動に参加しました。活動は「ビバ☆助産師」が主催で、私以外のメンバーは、助産師ばかりです。 

 東洋大学での活動は5年前から始まりました。当時、大学の2部社会学部に在籍していた助産師さんが企画したものです。昨年、その助産師さんが卒業したのですが、今年は、その意思を引き継いだ在学生が中心となって行いました。その学生も、働きながら学ぶ助産師さんです。 

 毎年のことですが、コンドームを初めてみる学生たちも多いのです。性体験がないことが主な理由です。コンビニエンスストアにもコンドームは販売されていますから、体験する前に購入することはないようです。 

 以前であれば、体験はないものの、練習をしたことがあるという学生もいましたが、今年はいませんでした。ただ、そういう学生だからこそ、文化祭というなにげない場で、コンドームを見て、装着の仕方を学ぶのはよいことだと思いました。

 さて、大学生や高校生に「避妊するにはどうすればいいですか?」と問うと、「コンドーム」という答えが返ってきます。もちろん、全く間違った答えではありません。しかし、コンドームの避妊成功率はそれほど高くありません。一説には7割から8割だと言われています。つまり2割から3割は失敗します。 

 冒頭の会話をした大学生も、失敗した例、もしくはそうした例を知っていました。コンドームでの避妊失敗例として、今回の文化祭で多く聞いたのは、「コンドームが破裂した」というものです。この種の話は、前年までよりも多く聞かれました。 

 コンドームの破裂が起きるのは様々な理由があります。装着方法を間違えたことで、空気が入り、動いているうちに破れてしまうというものですが、まれに正しく付けても破裂してしまうことがあるようです。使用期限もあるのですが、それを守ったとしても失敗した話を聞いたことがあります。 

 こうした例があるために、コンドームは避妊具としては不安定です。避妊具として最も安定しているのはピルです。女性が毎日定期的に飲みさえすれば、99.9%の確率で成功すると言われています。コンドームの成功率よりも高く、安定しています。 

 では、コンドームをしなくてもよいのか。話をしていると、大学生や高校生も、 

 「じゃあ、ピルで避妊というのなら、コンドームはしなくてもいいんじゃないですか?」 

 と聞いてきます。 

 しかし、コンドームはした方がよいでしょう。なぜなら、コンドームをしていれば、なかりの確率で性感染症を防ぐことができます。 

 さらに、キスによって感染する梅毒、タオルを共有しただけでも感染するトリコモナス、オーラルセックスで感染するクラミジアや淋病といったように感染経路は性器接触だけではありません。 

 もちろん、ピルを飲み、相手が性感染症ではないことがはっきりしていれば、コンドームをしなくても、避妊もできるし、性感染症も防ぐことができるでしょう。 

 そのための、もっとも有効な方法は、お互いが性感染症の検査をし、感染していないことを証明した上ならば、お互いが病気でないのですから、感染しません。 

 ただし、誰かに感染させられた場合でなくても、ヘルペスやカンジタなどは持っている可能性もあります。そのため、自分や相手が「100%性感染症はない」という証明は難しいのです。だからこそ、検査で病気がないと分かっても、コンドームをすると、さらに感染の可能性が下がります。 

 ここで注意ですが、hivの場合は、感染可能性がある行為があってからすぐではなく、最低でも2〜3週間経たないと、感染している場合はわかりません。はっきりと感染していないとわかるには3ヶ月はかかります。 

 こうした話をすると、大学生や高校生は、「セックスって危険なんですね」とか「セックスって面倒ですね」と言ったりします。 

 セックスは危険というメッセージを伝えたいわけではありません。セックスにはいろんなリスクがあるから、それを回避しながら、できるようになってほしいのです。もちろん、危険だからセックスをしない、という選択も否定はしませんが。 

 日本は、先進国で唯一、hiv感染者/aids患者が増加傾向にあります。厚生労働省のエイズ動向委員会によると、2008年に報告されたhiv感染者は1,126人(07年から44人増)、aids患者は431人(同13人増)となっています。 

 パートナーとの快適なセックス・ライフをするためには、最低限の知識が必要です。文化祭という「お遊び」の時に頭に入れたことが、今後、役に立ってくれれば幸いです。




 

ⓒ 일본이 보인다! 일본전문뉴스 JPNews / 무단전재 및 재배포금지

기사입력: 2010/02/03 [22:08]  최종편집: ⓒ jpnews_co_kr
 


이 기사에 대한 독자의견 의견쓰기 전체의견보기
기사 내용과 관련이 없는 글, 욕설을 사용하는 등 타인의 명예를 훼손하는 글은 관리자에 의해 예고없이 임의 삭제될 수 있으므로 주의하시기 바랍니다.
닉네임 패스워드 도배방지 숫자 입력
제 목
내 용
관련기사목록
[渋井哲也] フリーランスが中心となり、記者クラブに宣戦布告 渋井哲也 2011/02/02/
[渋井哲也] 「なくそう!子どもの貧困」 渋井哲也 2010/02/06/
[渋井哲也] クロスオーナーシップの規制について、ようやく報道した日本のマスメディア 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] オープン化した総務省記者クラブに登録してみた! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] まだまだ知られていないキャバクラユニオン 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] Twitter議員との今年最後のつぶやき祭り 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] もうすぐクリスマス 日本の自殺対策は大丈夫? 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 市橋達也容疑者を支援する女子から学ぶもの 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] キャバクラ嬢も労組を作って、労働条件の改善へ! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] メイクの似合う「化粧男子」を探せ! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 「婚活時代の恋愛学」を考える 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ネット心中の見届け役が表に出てきた! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 大学生の性知識はどのくらい? 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ネットを舞台にした?結婚詐欺殺害疑惑 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ますます広がる女装文化 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 波紋を呼ぶ、元少年の実名を記したルポルタージュ 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] セカイカメラで広がる現実 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] コミュニケーションツールとしてのiPhone 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] セックス・ダイエット 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] もがき続ける若者たち 渋井哲也 2010/02/03/
최근 인기기사
일본관련정보 A to Z
  회사소개회원약관개인정보취급방침 ㅣ 광고/제휴 안내사업제휴 안내소액투자기사제보보도자료기사검색
<한국> 주식회사 올제팬 서울 송파구 오금로 87 잠실 리시온 오피스텔 1424호 Tel: 070-8829-9907 Fax: 02-735-9905
<일본> (株) ジャポン 〒169-0073 東京都新宿区百人町 2-8-13 FISS 605号
Tel: 81-3-6278-9905 Fax: 81-3-5272-0311 Mobile: 070-5519-9904
Copyright ⓒ JPNews. All rights reserved. Contact info@jpnews.kr for more information