전체기사보기
政治その他 ㅣ 芸能 ㅣ 文化 ㅣ Sports ㅣ グラビア ㅣ コラム ㅣ コラム2 ㅣ 映画 ㅣ インタビュー
섹션이미지
政治その他
芸能
文化
Sports
グラビア
コラム
コラム2
映画
インタビュー
회사소개
회원약관
개인정보취급방침
광고/제휴 안내
사업제휴 안내
소액투자
기사제보
HOME > 日本語版 > コラム2
글자 크게 글자 작게


波紋を呼ぶ、元少年の実名を記したルポルタージュ
 
渋井哲也
知人のジャーナリスト・寺沢有さんが一人で設立した出版社「インシデンツ」が、『福田君を殺して何になる 光市母子殺害事件の陥穽』を出版しました。著者は、大学職員の増田美智子さんです。この本の出版が波紋を呼んでいます。それは、元少年の名前を記したことで、少年側が裁判所に差し止め請求を行ったからです。

著書のサブタイトルになった光市母子殺害事件というのは、1999年4月14日、山口県光市内のアパート本村洋さん宅で、妻の弥生さん(23)と長女の夕夏ちゃん(生後11ヶ月)の遺体が発見された事件です。この事件で、山口県警は4日後の18日、同じアパートの別棟に住む当時18歳の少年を殺人容疑で逮捕したのです。少年は山口家庭裁判所に送致されますが、刑事処分が相当とされて、成人が罪を犯した時と同じ刑事裁判を受けます。

2000年3月22日、山口地方裁判所は少年に無期懲役の判決を下します。判決を不服とした検察は死刑を求めて控訴しました。02年3月14日の広島高裁判決でも、一審の無期懲役を支持したのです。そのため、検察側は最高裁に上告しました。そこで最高裁は「刑の量刑は不当」などとして、審理を差し戻したのです。広島高裁は08年4月22日、死刑判決を下したのです。少年側は即日上告しています。

この本では、犯行当時に18歳だった人物の実名を記し、顔写真、通った学校の写真も掲載されています。しかし、20歳未満の少年が罪を犯した場合に、成人とは別に、刑事処分の措置を取ることが目的の少年法では、実名報道を禁じています。ただし、罰則がありません。

記者会見で、増田さんは「実名を報じることは、すでに本人の了解を取っている」としています。同書では「匿名報道が福田君の人格を理解することを妨げている」「匿名の名もなき殺人犯として死刑が執行されても、世間の人々はなんの現実味も持てない」などの理由をあげています。

この本は、非常に荒削りのところがあります。しかし、被告人やその友人たち、家族らのやりとりを非常に詳細に記しています。ある意味、テープ起こしのように再現されています。地道な取材をし、そしてできるだけ正確に記述しているため、資料的な価値は高いと言えるでしょう。

また、取材時に、取材対象となった家族や関係者を怒らせるシーンも書かれています。取材過程を含めて、どのようなやりとりがあり、取材対象との距離感を記した点でも、取材論としても、また、これからジャーナリストを目指す人にとっても、参考になる内容になっています。

増田さんは、広島高裁の差し戻し審で死刑判決が出た後に、被告人に手紙を出しています。そして、その返事が届いたことから、取材が始まります。そして、被告人に25回面会し、そして周囲の証言を集めるなどして、事件そのものよりも、被告人の人格を理解していこうとしているスタンスも好感が持てると思いました。

「心配してくれてありがとう。外でデートとかしたかったね� なんて言ってみてもいい?けっこうこわいです。くじけそう。ふるえる日もあるよ。抱かれてねむりたいもん。
 それはそーと、面会楽しみにしてるよ。あけとくから。でもお金かかるじゃん。どうしようか」

これが増田さんへの最初の返事の一部ですが、死刑判決を下された被告人が書いたとは思えない内容です。状況が読めない性格なのかもしれない、ということが想像できます。そんな被告人が、同じく状況が読めない高次脳機能障害を持っていて、同じ時期に山口刑務所の拘置鑑で少年aと文通をしていたのです。

2人の文通は、a君が拘置鑑を出ても続きました。お互い強がっていたり、内容もエスカレートしていきます。無期懲役の判決が出た後も、

<勝った!って言うべきか負けたというべきか?何か心に残るこのモヤ付き…。いやね、つい相手のことを考えてしまってね…昔から傷を付けては逃げ勝っている…。まあとにかくだ。二週間後に検事の方が控訴しなければ終わるよ。長かったなあ…(中略)心はブルー。外見はハッピー、しかも今はロングヘアもハゲチャビン!(笑)まじよ!>

と被告人はa君宛に書いている。これもエスカレートした一例でしょう。控訴審でも証拠採用され、『週刊新潮』も報道している。これにより、死刑を望む世論が高まりますが、判決は無期懲役で、裁判所も批判を浴びることになったのです。

これらの手紙のやりとりの意味や、被告人との面会、家族や友人の証言で、十分に被告人の人格が伝わってきているように、私には思えました。しかし、同時に、被告人の名前が実名なのかどうかが、人格を伝える手段ではない、とも思えたのです。被告人が匿名だったとしても、人格は伝わっただろうと思ったのです。

また、匿名の被告人だから死刑に現実味がない、というのも私には疑問です。これまで実名の死刑囚が死刑を執行されてきました。しかし、私たち日本人は死刑に現実味を持ったことは一度もなかったのではないでしょうか。いつの間にか、死刑囚が執行され、法務省が発表する、というだけなのですから。むしろ、死刑に現実味を持つ方法は、死刑についての情報公開をすすめることではないでしょうか。

これらの意味では、増田さんの取材スタンスは好感が求めましたが、実名報道の「理由」には納得がいきませんでした。

 

ⓒ 일본이 보인다! 일본전문뉴스 JPNews / 무단전재 및 재배포금지

기사입력: 2010/02/03 [22:05]  최종편집: ⓒ jpnews_co_kr
 


이 기사에 대한 독자의견 의견쓰기 전체의견보기
기사 내용과 관련이 없는 글, 욕설을 사용하는 등 타인의 명예를 훼손하는 글은 관리자에 의해 예고없이 임의 삭제될 수 있으므로 주의하시기 바랍니다.
닉네임 패스워드 도배방지 숫자 입력
제 목
내 용
관련기사목록
[渋井哲也] フリーランスが中心となり、記者クラブに宣戦布告 渋井哲也 2011/02/02/
[渋井哲也] 「なくそう!子どもの貧困」 渋井哲也 2010/02/06/
[渋井哲也] クロスオーナーシップの規制について、ようやく報道した日本のマスメディア 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] オープン化した総務省記者クラブに登録してみた! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] まだまだ知られていないキャバクラユニオン 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] Twitter議員との今年最後のつぶやき祭り 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] もうすぐクリスマス 日本の自殺対策は大丈夫? 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 市橋達也容疑者を支援する女子から学ぶもの 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] キャバクラ嬢も労組を作って、労働条件の改善へ! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] メイクの似合う「化粧男子」を探せ! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 「婚活時代の恋愛学」を考える 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ネット心中の見届け役が表に出てきた! 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 大学生の性知識はどのくらい? 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ネットを舞台にした?結婚詐欺殺害疑惑 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] ますます広がる女装文化 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] 波紋を呼ぶ、元少年の実名を記したルポルタージュ 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] セカイカメラで広がる現実 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] コミュニケーションツールとしてのiPhone 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] セックス・ダイエット 渋井哲也 2010/02/03/
[渋井哲也] もがき続ける若者たち 渋井哲也 2010/02/03/
최근 인기기사
일본관련정보 A to Z
  회사소개회원약관개인정보취급방침 ㅣ 광고/제휴 안내사업제휴 안내소액투자기사제보보도자료기사검색
<한국> 주식회사 올제팬 서울 송파구 오금로 87 잠실 리시온 오피스텔 1424호 Tel: 070-8829-9907 Fax: 02-735-9905
<일본> (株) ジャポン 〒169-0073 東京都新宿区百人町 2-8-13 FISS 605号
Tel: 81-3-6278-9905 Fax: 81-3-5272-0311 Mobile: 070-5519-9904
Copyright ⓒ JPNews. All rights reserved. Contact info@jpnews.kr for more information