전체기사보기
政治その他 ㅣ 芸能 ㅣ 文化 ㅣ Sports ㅣ PR ㅣ 動画
섹션이미지
政治その他
芸能
文化
Sports
PR
動画
회사소개
회원약관
개인정보취급방침
광고/제휴 안내
사업제휴 안내
소액투자
기사제보
HOME > 日本語版 > 芸能
글자 크게 글자 작게


いよいよ2020年M-1GP賞金1,000万円はどのコンビに
M-1決勝進出記者会見
 
JPNews

▲ M-1決勝進出記者会見     ©JPNews

『M-1グランプリ2020』は、12月20日(日)午後6時34分〜午後10時10分にABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送される。司会は今田耕司と上戸彩、審査員は、オール巨人、上沼恵美子、立川志らく、富澤たけし(サンドウィッチマン)、礼二(中川家)、塙宣之(ナイツ)、松本人志(ダウンタウン)(50音順)。今年は新型コロナウイルスの影響によってお笑い界も大打撃を受ける中でも、史上最多の5,081組が参加。GYAO!生配信で行われた決勝進出者発表会見では、司会を麒麟・川島が担当し、見事決勝に進出した、アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉(SMA)、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン(グレープカンパニー)、ウエストランド(タイタン)の9組が選出された。(発表順。事務所表記の無い出場者は吉本興業所属)。錦鯉、東京ホテイソン、ウエストランドは初の決勝進出で、おいでやす小田とこがけんのピン芸人同士の決勝進出も初。本番のネタ順はおなじみとなった『笑神籤(えみくじ)』方式。毎回クジを引き、呼ばれたコンビがそのままネタを披露する。そして昨年同様、笑神籤の中から『敗者復活組の札』が引かれた時点で敗者復活組が発表される。『敗者復活戦』は、午後2時55分から陣内智則の司会で、ABCテレビ・テレビ朝日系列で全国ネット生放送され、今年も視聴者投票で選ばれた一組が六本木アリーナからスタジオに直行しそのままネタを披露する。なお13日(日)午後12時55分からは、ブラックマヨネーズMCの特別番組『来週はM-1グランプリ! 超お宝映像で振り返るM-1グランプリ』を放送。またABCラジオでは決勝と同時刻に『ラジオでウラ実況!? M-1グランプリ2020(仮)』を生放送予定。また、GYAO!ともタッグを組みM-1グランプリを盛り上げる。コロナを吹き飛ばす笑いで『M-1グランプリ』チャンピオンとなり、賞金の1,000万円を手にするのはどの組か。

 

番組公式HP :http://www.m-1gp.com

番組公式ツイッター:「M-1グランプリ」@M1GRANDPRIX

https://twitter.com/m1grandprix

番組公式フェイスブック:「M-1グランプリ」

https://www.facebook.com/m1grandprix

番組公式LINE:@m1grandprix

 

制作:ABCテレビ   吉本興業

主催:M-1グランプリ事務局

ネット局・提供・放送形態

(制 作) ABCテレビ、吉本興業

(ネット) ABCテレビ・テレビ朝日系列24局ネット

(担当)衣川淳子(ABCテレビ・本社)

    阪本美鈴、髙橋寿英(ABCテレビ・東京支社)


 

ⓒ 일본이 보인다! 일본전문뉴스 JPNews / 무단전재 및 재배포금지

기사입력: 2020/12/14 [16:04]  최종편집: 1999/11/30 [00:00] ⓒ jpnews_co_kr
 
이 기사에 대한 독자의견 의견쓰기 전체의견보기
기사 내용과 관련이 없는 글, 욕설을 사용하는 등 타인의 명예를 훼손하는 글은 관리자에 의해 예고없이 임의 삭제될 수 있으므로 주의하시기 바랍니다.
닉네임 패스워드 도배방지 숫자 입력
제 목
내 용
관련기사목록
[M-1決勝進出記者会見] いよいよ2020年M-1GP賞金1,000万円はどのコンビに JPNews 2020/12/14/
최근 인기기사
일본관련정보 A to Z
  회사소개회원약관개인정보취급방침 ㅣ 광고/제휴 안내사업제휴 안내소액투자기사제보보도자료기사검색
<한국> 주식회사 올제팬 서울 송파구 오금로 87 잠실 리시온 오피스텔 1424호 Tel: 070-8829-9907 Fax: 02-735-9905
<일본> (株) 文化空間 / (株) ジャポン 〒169-0072 東京都新宿区大久保 3-10-1 B1032号 
Tel: 81-3-6278-9905 Fax: 81-3-5272-0311 Mobile: 070-5519-9904
Copyright ⓒ JPNews. All rights reserved. Contact info@jpnews.kr for more information